トップ > エンタメ > 「パラダイス文書」報道も「パラダイス銀河?」「光GENJI感」「官能小説のレーベルか」「美少女ノベルかよ」と話題に
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます


「パラダイス文書」報道も「パラダイス銀河?」「光GENJI感」「官能小説のレーベルか」「美少女ノベルかよ」と話題に

2017年11月06日(月) エンタメ

ようこそここへ・・・・・・?





バミューダ諸島を拠点とする法律事務所「アップルビー」から流出した電子データ「パラダイス文書(Paradise Papers)」が、租税回避に係る文書として世界的な注目を集めているのですが、その語感が1995年に解散したジャニーズのアイドルグループ「光GENJI」の代表曲「パラダイス銀河」っぽいとして話題になっています。







パラダイス文書には、トランプ政権の閣僚やマドンナ、ボノといった芸能人、英エリザベス女王といったセレブまで多くの人の名前が掲載されている模様。ただ、掲載されているからといって違法行為や租税回避をしていたとは限りませんが・・・・







ネットではこの文書をめぐり、真面目に議論する意見がある一方で「ようこそここへ遊ぼうよパラダイス??」「光GENJI感」「官能小説レーベルの名前かよ」「なんだかポップ」などという声もあがり話題になっています。



genji_3

画像は下記動画 より





パラダイス銀河







朝日新聞の報道によれば



大手法律事務所「アップルビー」などから流出した膨大な「パラダイス文書」には、英国のエリザベス女王といった数々の著名人や、米アップル社など世界的に事業を展開する多国籍企業の名が載っていた



http://www.asahi.com/articles/ASKC27X2FKC2UHBI03J.html

とのこと。





今後いろいろな名前が発掘されると思われますが・・・・
続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。