トップ > エンタメ > 望月涼太、野球のために父親が仕事を休んだり家族崩壊するもドラフトで指名されず「悲しすぎる」「後味悪すぎ」の声
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ


望月涼太、野球のために父親が仕事を休んだり家族崩壊するもドラフトで指名されず「悲しすぎる」「後味悪すぎ」の声

2017年10月26日(木) エンタメ

これは観ているほうが辛い・・・・・・





10月26日に放送されたTBSの番組「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」に出演した、九州共立大学の望月涼太選手が悲しすぎると話題になっています。





望月選手は幼いころからプロ野球選手を目指し、父親が全力でサポート。父親はそのために、経営していた建設会社の仕事より、息子の練習に付き合うことを優先。しまいには仕事に行かなくなるように。



そのような状況で、部下が建設資材を転売しカネを持ち逃げする事件が発生。会社はたたむことになったが、その後も父親は望月選手が高校生になるまで仕事をせず、家計は火の車。両親に離婚の話がでるなど家庭は崩壊。





そこまでしたのに、この日のドラフト会議では指名されず・・・・・





しかも番組では、指名されなかった望月選手と中継を結んで・・・・・







ネットではそんなドラフト特番が話題になっており「悲しすぎる」「この番組感動するけど鬼畜すぎる」「指名されてないのにこんな家族崩壊エピソード流されたらたまったもんじゃない」「後味悪すぎだろ放送するべきじゃない」などという声があがっています。



また彼の父親に関しては「父いかんでしょ」「申し訳ないけど全然感動しん…お父さんの頭おかしいとしか思わん」という声もあがっています。





motizuki_5

画像は下記動画 より







動画は、ドラフトで指名されなかったことが確定したあとの中継。望月選手が両親に感謝を述べる場面













番組によれば・・・・・・



・父の良伸は、小さな建設会社を経営していた



・涼太が野球を始めたことが家庭崩壊につながったという。





・涼太は人一倍負けず嫌いだった。所属していた少年野球チームは、負けても悔しがらない子たちばかりだったので、彼はそのチームを辞めた。一人で練習していた





・涼太は、父親に「プロになりたいから、毎日練習に付き合ってほしい」と訴えた。父は夢を応援するために、早朝と仕事後、練習に付き合うことに。バッティングセンターにも毎日3時間通った



・父はそのうち、会社を早退してまで練習に付き合うようになった





・涼太は硬式野球チームや野球塾も通い始めた。しかしそれらが家計を圧迫。彼の野球のために月に10万円以上かかったという





・家のローンもあり、母の友子はパートへ





・そんな中、父は涼太のために、85万円のバッティングマシンを購入した。涼太は、地元のバッティングセンターのマシンの速度では満足できなくなっていた





・母は、「子供の熱意もすごいが、父の熱意も凄い」となかば呆れて言っていた



・そのうち父は「涼太の練習に付き合う」「社長は俺なんだ。仕事は部下に任せればいい。涼太があんなに情熱を持っているんだ。親として向き合わきゃ」として会社に行かなくなった。




続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。