トップ > エンタメ > 「虹色デイズ」実写映画化に批判の声続出。佐野玲於には「イメージ違う」「演技下手なのに」の声も
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ
「暗号通貨」時代の到来


「虹色デイズ」実写映画化に批判の声続出。佐野玲於には「イメージ違う」「演技下手なのに」の声も

2017年10月10日(火) エンタメ

批判が多いようですが・・・・・・・





水野美波さんの漫画「虹色デイズ」が実写映画化されると報道されています。



主演は異例の4人。ダブル主演でもトリプル主演でもなく「カルテット主演」だとのこと。





「なっちゃん」こと羽柴夏樹役はGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於さん。

「まっつん」こと松永智也役は中川大志さん。

「つよぽん」こと直江剛役は高杉真宙さん。

「恵ちゃん」こと片倉恵一役には横浜流星さんがそれぞれ起用されると発表されています。





しかしネットではそんな実写映画化について、「ほんとやめてほしい」「実写化とか無理」などという批判の声が続出。一部では「好きな人ばっか出てるから別にいいけど」との声もありますが・・・・



また、なっちゃん役の佐野玲於さんには「また主演EXILEファミリーかよ」「イメージと違いすぎ」「演技下手なのに恋愛映画出れるの」というなどという声があがる一方、「合ってる!!」との声もあり、こちらも批判が多めの賛否両論となっています。



niji_13

画像は下記記事より。左から高杉真宙、佐野玲於、中川大志、横浜流星





報道によれば



SNSのフォロアーとブログ読者の合計が100万人近い人気を誇る4人が、日本映画史上初となる「カルテット主演」として集結し、青春映画の歴史を刻む。2018年夏公開予定



実写映画化を手掛けるのは、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』の飯塚健監督。『君に届け』の根津理香氏と共に脚本も担当



とのこと。

http://news.livedoor.com/article/detail/13725936/





「カルテット主演」は日本初だそうですが・・・・。4人とも男子高校生の役です。


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。